栃木の小1女児殺害公判 母親の「やっていないと信じている」に被告が涙

ざっくり言うと

  • 栃木の小1女児殺害事件の公判に、被告の母親が証人として出廷した
  • 「息子はやっていないと信じています」などと話し、被告は涙を流した
  • 逮捕直後は関与を認めていた被告だが、その後、否認に転じている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング