青木功が女子ツアーのプロアマ戦を初体験!上田桃子とのラウンドを楽しんだ(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)の次期会長就任が有力視されている青木功が2日(水)、国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」のプロアマ戦に出場。青木が女子ツアーのプロアマに出るのはこれが初めて。上田桃子、井上大会会長らとのプレーを楽しんだ。
男子ツアーはフォトギャラリーでチェック!
 ラウンドを終え、このプロアマでは「男子と違ってインストラクター(選手の帯同コーチ)が歩いてなくて本当のプロアマだと思う。お客さんを楽しませていると思う」と率直な感想を口にした。上田らとのラウンドも「すごく楽しかった。和気藹々で」と自身も心からこの日のラウンドを楽しめた様子。また女子プロのほうが「お客さんとのコミュニケーションをとっていると思う」と賞賛していた。
 プロアマの評価の高さは現在の女子ツアー隆盛の一因、その魅力を自ら存分に堪能した青木。明後日の理事会で新会長として承認される見通しが高いが、そのことについては「ビフォアのことは話せるけど、アフターのことは話せないよ」と明言を避けていた。会長就任の際にはこの女子のプロアマで得たものを男子ツアーにも還元することになるだろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム】