辻仁成氏 「ドラえもんは仏で放送禁止」発言を訂正して謝罪

写真拡大

2日放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、フランスを中心に活動する作家・辻仁成氏が、アニメ「ドラえもん」がフランスで放送禁止だと語る場面があった。

番組では、辻氏をゲストに迎えてトークを繰り広げる中、「ドラえもん」にまつわるネタハガキから同作の話題になった。爆笑問題の太田光がそこで、「フランスでも人気あったりするんですか?」と尋ねると、辻氏は、「ドラえもん」がフランスで放送禁止となっていると説明したのだ。

辻氏は現地の教育委員会が「あんなドラえもんみたいなヤツがいたら子どもが成長しない」「子どもが困ったときに、なんでもドラえもんに助けられて、次々に(ひみつ道具を)出されると困る」との意味から、同作の放送がNGとなっているのだと話した。

こうした状況のため、現地では日本のアニメが大好きな若者でも「ドラえもん」の存在を知らない人が多いという。辻氏が「『ドラえもん』の話をすると知らないの」と明かすと、大田は大声を上げて、驚きをあらわにしていた。

ところが放送後、辻氏はTwitter上で、この件に関して指摘があり調べたと報告し、「ドラえもん、最近有料チャンネルでフランスで放送されていました」と明かしている。辻氏は「ドラえもん、本当にごめんなさい!」と謝罪した上で、「有料チャンネル契約して見ます」とつづっている。
【関連記事】
マツコ・デラックスがテレビ朝日と「ドラえもん」の関係に持論
小倉智昭氏が故・たてかべ和也さんや「ドラえもん」に対して無関心なコメント
美保純が「5時に夢中!」で「ドラえもん」を見なかった理由を告白 「大山さんの声が苦手で…」