百田尚樹氏の著書「殉愛」めぐる訴訟の弁論 声を荒げる一幕も

ざっくり言うと

  • 2日、百田尚樹氏の著書「殉愛」をめぐる訴訟の弁論が東京地裁で開かれた
  • 証人出廷した百田氏が「何言うとんや!」と声を荒らげる場面も
  • 裁判長から「質問にだけ答えればいいので」と、たしなめられることもあった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング