写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は1日、「Sクラス クーペ」に初のV6エンジンを搭載した「S 400 4MATIC クーペ」を追加し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークで注文受付を開始した。発売は3月中旬頃を予定している。

「S 400 4MATIC クーペ」は、「Sクラス クーペ」として初のV型6気筒エンジンを搭載。このクラスでは小排気量の3.0リットルながら、2基のターボチャージャーによってパワーを効率的に引き出し、最高出力367PSを発生する。同モデルの発売により、「Sクラス クーペ」は同一車種にV6・V8・V12エンジンがそろい、選択肢がさらに広くなった。

同モデルの安全装備は上級モデルと同等のレベルとなっており、レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラによって最適な車間距離をキープし、車線維持もサポートする「ディストロニック・プラス(ステアリングアシスト付)」を装備する。

エクステリア・インテリアにおいては、精悍でスポーティな印象を加える「AMGライン」、片側47個ずつのスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDを使用した「スワロフスキークリスタルヘッドランプ」、パラレルステッチをあしらったナッパレザーを随所に採用する「レザーエクスクルーシブパッケージ」など、高級感を高めるオプションが数多く用意された。

「S 400 4MATIC クーペ」は左ハンドルのみの設定で、価格は1,477万円(税込)。

(山津正明)