写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ZMPは3月2日、自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar Mini Van公道走行パッケージ」の受注を開始したと発表した。

「RoboCar Mini Van公道走行パッケージ」は市販のハイブリッドミニバンをベースとした「RoboCar Mini Van」に、周囲をセンシングするレーザスキャナ、ステレオカメラ、車両の位置や挙動を計測するGPSや慣性センサ、取得したセンサデータを統合し自動運転を行う車載コンピュータIZACなどを搭載した実験用車両。同パッケージは2月29日より神奈川県藤沢市で実施されているロボットタクシーによる自動運転体験サービス実証実験ですでに利用が始まっている。

RoboCarシリーズはこれまで、テストコースでの利用を対象としてきたが、同製品では公道での自車位置測定に必要な高精度マッピングの利用や、ナンバーの取得、公道走行時のリスクアセスメントについてもサポートする。ベース車両はトヨタ・エスティマハイブリッドだが、他車両の対応も可能だ。

(神山翔)