Takaさん Twitter(@g_taka072)より

写真拡大

2016年2月27日に発売20周年を迎えた人気ゲームシリーズ「ポケットモンスター」。

【【閲覧注意】ポケモンセンターのお姉さんを描いたイラストが怖すぎの画像・動画をすべて見る】

その第1作である『ポケットモンスター 赤・緑』に登場するポケモンセンターのお姉さんをプレイしていた当時の記憶から描いた衝撃のイラストが、Twitterで話題になっています。

任天堂公式トピックス「ついに蘇る!『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』 名場面や名勝負から大冒険をふり返ろう!」より

任天堂公式トピックス「ついに蘇る!『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』 名場面や名勝負から大冒険をふり返ろう!」より。あの優しいお姉さんが衝撃の姿に……



ポケモンセンターのお姉さんが怖すぎた少年時代





いや、怖すぎる。

ポケモンセンターにこんなバケモノがいたら、ロケット団のアジトにもたったひとりで果敢に乗り込んでいく主人公でも裸足で逃げ出すレベル。

腕を前に組んだ部分が大きく開かれた口の形に見えていたのでしょうか……。

スクリームマスク?

スクリームマスク?



このイラストを描いたTakaさん(@g_taka072)は、『赤・緑』をプレイしていた小学生の頃、ポケモンセンターのお姉さんはこんな姿だと思っていたそうです。




このTakaさんのイラストに呼応するかのように、「自分もこんな風に見えていた!」というイラストが登場。言われてみれば、たらこ唇に見えなくもないような……?




当時のゲーム作品のキャラクターは粗いドット絵で描かれていたわけですから、見え方は千差万別。

でも、改めて当時の記憶をイラストに描き起こすとこんなにもシュールに見えてしまうのですね。