身近な社会貢献「Yahoo!ネット募金」で、返礼品やくじ付きの募金がスタート!

写真拡大

ヤフーのオンライン寄付プラットフォーム「Yahoo!ネット募金」にて、3月4日より「返礼品付き募金」「くじ付き募金」機能がスタートする。3月4日以降は順次、東日本大震災の復興支援関連活動を行う10団体のプロジェクトで本機能の路用が始まる予定だ。

「Yahoo!ネット募金」は、クレジットカードやTポイントを使って、ネット上で手軽に寄付ができるプラットフォームだ。2004年の新潟県中越地震をきっかけに提供を開始しており、サービス開始からの累計募金額は23億円超にのぼる。

今回の機能追加の目的は「返礼品を通じて、寄付先団体との関係や活動への興味関心をさらに深めてもらうこと」と、「多くの人に楽しみながらネット募金に参加してもらうこと」となる。
返礼品やくじは、「Yahoo!ネット募金」に参画しているNPO等の団体が、開設しているプロジェクトごとに設定できる仕組みとなっている。
返礼品にはNPO等の団体にまつわる品が、くじの賞品には、団体の活動に賛同・支援している企業や著名人などが無償で提供する品などが充てられる予定だ。

2014年の日本の個人寄付総額は7,409億円で、寄付先を選ぶ際に重視したことの上位には「寄付金の使い道が明確で有効に使われること」「活動の趣旨や目的に賛同・共感・期待できること」が挙がっている。

(フォルサ)