3月1日、ラクーアガーデンステージで映画「プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」映画公開記念イベントが行われた。ひなまつりが近いのでイベントのタイトルは「ぴなまつり」。
女児に人気の「プリパラ」シリーズ。今作は初めての長編オリジナルストーリー映画だ。ゲスト声優としてデヴィ夫人と川栄李奈が参加している。
イベントには、茜屋日海夏(真中らぁら役)、デヴィ夫人(映画ゲストキャラ:大神田プロリア役)、そして主題歌を担当するSKE48から高柳明音、須田亜香里、江籠裕奈、古畑奈和、熊崎晴香が登壇。
茜屋とSKE48の面々は振袖姿。デヴィ夫人は黒いドレスに着物の帯で作ったボレロ(特注)を合わせ、頭には孔雀の羽、そしてアクセサリーは巨大なエメラルド。豪華だ……。


デヴィ「声優の仕事は初めてです。声を出すことに憧れていたものですから、このお話があってとても嬉しくて、楽しいお仕事でした。アニメって可愛らしくて、少女たちの夢がいっぱい入ってる。大人の私から見ると、できあがるまでのプロセスにも感銘しております」
茜屋「デヴィ夫人はスタッフさんがすごく絶賛していて。(デヴィ夫人が演じる)プロリアさんは今回の映画で初めて出てくるキャラクターですが、ずっと昔からいたようなオーラがある。プリパラの神のような存在です」
私も試写会で見たが、デヴィ夫人、確かにものすごい存在感だった。文字通り大暴れしている。
デヴィ「『プリパラ』はテーマがちゃんとある作品。友情がいかに大切か。お子さまたちに教えていて感心しました。人間は孤独に勝てませんから……」


主題歌担当SKE48もハマる「プリパラ」


映画の主題歌はSKE48の約7か月ぶりのシングル「チキンLINE」。好きな人に想いを伝えたい!というメッセージの曲で、ダンスの激しさで知られるSKE48をフルに生かしたダンスチューン。
須田「今回のプリパラの映画は世界が舞台になっていますが、主題歌もラテン調のメロディーで歌っています。私たちもファルルを助けるために歌って踊って『いいね』を一緒に集められたらいいなと思っています!」
「チキンLINE」は、映画のエンディング、事前に募集されたプリパラファンの「マイキャラ」がランウェイを歩いていくシーンにかかっている。
高柳「自分のマイキャラちゃんがランウェイを歩いているのをしっかり確認した上で、SKE48の曲を楽しんでもらえればいいなと」
高柳はプリパラファン。プリパラミュージカルにもオリジナルキャラ「青井めが姉ぇ」として出演した。
高柳「今回の映画は、赤井めが姉ぇと赤井めが兄ぃがとてもいい味を出している。でもホロリと感動するところもあって。プリパラファンはたまらないのでは!」


SKE48のメンバーやファンにも「プリパラ旋風」が巻き起こっているらしい
須田「こないだ、高柳さんや松井珠理奈さんに教わりながら、プリパラデビューをしました! こうやって好きなことや楽しいことをみなさんとこれからも共有したいですね」
熊崎「SKE48のファンの方でも『プリパラデビューしたよ!』という声をすごく聞いていて。これをきっかけにたくさんの方にさらにプリパラを愛してもらえるようにしていきたいです!」
本物のアイドルやアイドルファンとトモチケをパキれるかもしれない。


会場には「プリパラ」ファンの女の子がたくさん集まっていた。女の子限定で会場から質問が募られる。

Q.かわいい女の子になるために、どんなことを努力すればいいですか?(らぁらの格好をした女の子から)


茜屋「私は鏡を見る習慣を付けてます。鏡で自分の笑顔や表情の研究をしたりして、『こういうふうに笑ったら可愛いかな?』とか」
デヴィ「パパに愛され、ママに愛され、みなさんに愛されること。そして夢を持つことかしら」
須田「グループの中で上の方の年代になると、メンバー同士の『かわいいね〜!』と言い合う中に入れてもらえないんですよ。『かわいいね〜』と言う側なんです」
会場から飛ぶ「かわいいよ〜!!」の声。
須田「ありがとうございます、優しいですね(笑)。『かわいい』と言ってもらえなくて落ち込むときもあるんですが、そういうときは自分に言い聞かせるようにしてます。『今日もかわいいよ!』」
世界一可愛いよ〜〜〜〜!!!
江籠「髪の毛をこまめにとかすようにしてます!」
熊崎「オシャレな先輩に何が流行っているか教えてもらっています。かわいい方と一緒にいると、自分も近づいていけるのかなと」
高柳「私は昔からアニメが大好きで、変身する女の子を見て憧れてて……。今質問してくださった方も、らぁらちゃんに憧れてそういう格好をしてきていて。それだけで私はじゅうぶんすごくかわいいなって思います!」
古畑「内面が美しいから可愛くなれるかなと思うので、いろんな角度から自分の考えを生み出して、優しい女の子になってほしいな」
25歳にも染みるアドバイスだ……。


Q.どうやったらアイドルになれるんですか?(4歳の女の子から)


茜屋「歌うことや踊ることが好きって気持ちは大事!」
デヴィ「わたくし今でも踊ってますよ〜。かわいいわね、あなた。夢を持って『ああなりたい、こうなりたい』と願って向かっていれば、きっと……なれるわよ」
深い言葉に拍手が起こる会場。
高柳「10年後にアイドルになるのを目指して、今はプリパラを見てたくさんアイドルのことを勉強して、愛されるアイドルになってほしいなと。らぁらちゃんみたいなセンターとれるアイドルになってください!」
須田「アイドルに大切なのは笑顔。これからも笑顔を大切にして、たくさんの人に愛されてください〜!」


映画は3月12日公開。制作陣は完成に向けて全力で頑張っている。
デヴィ「プリパラは、かわいらしいお子さまだけじゃなく、ぜひぜひ大人の方にも見ていただきたい。殺伐としたニュースがたくさんありますが、プリパラを見て穏やかな気持ちになって、人を愛することと平和の素晴らしさを思っていただきたい」
茜屋「今回の映画はスタッフさんもキャスト陣もみんなすごく気合いが入っています。映画を見に来てくれるプリパラファンの皆さんがいるおかげで成り立っていると思いますので、ぜひ今回の映画もたくさん見に来ていただければ。ルートもたくさんあるので、毎週見に来てコンプリートしていただければと思います!」
かしこまっ!


(青柳美帆子)