<HSBC女子チャンピオンズ 事前情報◇2日◇セントーサGC ザ・セラポンC(6,600ヤード・パー72)>
 3日(木)に開幕する「HSBC女子チャンピオンズ」のペアリングが発表された。
米国女子ツアーニュースを写真でチェック!
 ツアーで優勝を経験し、その躍進に注目を集める若手のスーパースター3選手、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、イ・ミンジ(オーストラリア)、チョン・インジ(韓国)が同組でスタートする。インジはこの中で最年長の21歳、ヘンダーソンは18歳、ミンジは19歳。ヘンダーソンは今大会初出場、ミンジは昨年30位タイ、インジは37位タイだった。両者昨年より好成績を狙う。
 また、世界ランキング2位のインビー・パーク(韓国)は、ポーラ・クリーマー(米国)、ステイシー・ルイス(米国)と同組に。パークとルイスはこのコースで15アンダーというコース記録を保持している。
 クリーマーは2年前にアサハラ・ムノス(スペイン)とのプレーオフで、75フィートのイーグルパットを沈める驚きのプレーで大会を制した。ルイスは先週タイでレクシー・トンプソン(米国)にアメリカ人選手最上位の座を明け渡したばかりだ。
 そのトンプソンは、 野村敏京、ハナ・ジャン(韓国)とペアリング。2016年に優勝している3名だが、中でもトンプソンはタイで先週6打差をつけての圧勝と、弾みをつけて今週に臨む。彼女は過去にもここで良いプレーを見せており、16位以下でフィニッシュしたことがない。2015年:12位タイ、2014年:16位タイ、2013年:8位タイの戦績。
 一方野村は昨年25位タイで今大会をフィニッシュした。彼女はオーストラリアで2週間前に優勝し、この大会の出場権をつかんだ。
 ジャンは2016年ツアー大会すべてに出場しているが、11位以下でフィニッシュしていない。「コーツ・ゴルフ選手権」で初優勝を飾って以降、3戦連続トップ10入りをしている。
※USLPGA公式サイトより提供
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
18番で笑顔レクシー・トンプソン キャリア史上最大6打差で勝利
イ・ボミ、2016年初戦は無念24位Tフィニッシュ「トップ10以内には入りたかったですが…」
「自分のプレーに集中しただけです」野村敏京、世界No.1倒しツアー初優勝!
イ・ボミは世界ランク浮上ならず 休みなく国内ツアー開幕戦へ
「HSBC女子チャンピオンズ」リーダーボード!