昼から銭湯×酒!!孤独のグルメ原作者のエッセイ『昼のセント酒』がドラマ化

写真拡大

『孤独のグルメ』や『花のズボラ飯』の原作者で知られる久住昌之さん原作のエッセイ『昼のセント酒』。それを原案にしたテレビドラマが4月からテレビ東京にてスタートします。主演は人気演劇ユニット・TEAM NACSの戸次重幸さん!!

【関連:久住昌之『ちゃっかり温泉』刊行記念トークショーリポート&著者インタビュー】

(テレビ東京『昼のセント酒』公式ページより。)

(テレビ東京『昼のセント酒』公式ページより。)

『昼のセント酒』は久住さんが昼間から銭湯に行って湯上りに飲む一杯のお酒を堪能する作品。2011年に単行本が発売されてからグルメ漫画ファンの間でじわじわと話題になっていました。イラストは泉晴紀さんが担当しています。

ドラマ版では戸次さん演じる営業マン・内海孝之が仕事中にこっそり銭湯を訪れ、その余韻があるうちに居酒屋に行ってお酒を飲んじゃうという“美味しい”内容だそうですよ。
戸次さんと言えば演技力の他にそのナイスバディに魅了されているファンも多い俳優ですが、毎回入浴シーンが見れるとなると期待も高まりますよね。
その他、同僚役に柄本時生さんなどの個性派俳優がキャスティングされており、毎回豪華ゲストも出演するそうです。脚本は『孤独のグルメ』の田口佳宏さんが担当。

お風呂上りの一杯は格別です。もっと暖かくなったらセント酒を実践したくなっちゃうこと間違いなし!

ドラマは4月9日の24時20分よりテレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)で放送されます。お見逃しなく!

▼参考
テレビ東京『昼のセント酒』公式ページ(sentozake

※初出時「エッセイマンガ」と紹介しておりましたが、ただしくは「エッセイ」の誤りでした。訂正してお詫びいたします。