1日、韓国の朴槿恵大統領が慰安婦問題の日韓合意に関連し日本政府に「合意の実践」を求めたのに対し、外務省は「日韓両国政府が責任感を持って合意を実行することが重要だ」との立場を示した。資料写真。

写真拡大

2016年3月1日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が慰安婦問題の日韓合意に関連し日本政府に「合意の実践」を求めたのに対し、外務省は「日韓両国政府が責任感を持って合意を実行することが重要だ」との立場を示した。韓国・聯合ニュースが伝えた。

朴大統領はこの日、抗日独立運動を記念する三一節の式典に出席、「日本政府も歴史の過ちを忘れることなく、合意の趣旨と精神をしっかりと実践に移すよう努力すべき」などと述べた。この演説を受け外務省は「両国政府の合意の実行が重要」と反応、「今回の合意により慰安婦問題は最終的かつ不可逆的に解決された」との従来の立場を改めて示した。

この外務省の反応について記事は、「在韓日本大使館前の少女像(慰安婦像)の移設を念頭に置いたものと解釈できる」と伝えている。

両国の合意をめぐっては韓国で反対の世論が根強く、この報道には韓国のネットユーザーから大統領を批判するコメントが多数寄せられている。

「(記念式典で)心にもないくせに万歳を叫び国旗を振れば愛国なのか?大統領はそれより『鬼郷』(韓国で上映中の慰安婦を描いた映画)でも見なさい」
「大統領は必ず『鬼郷』を見て、反省文を書くべき。自分が何をしているのか知るために」
「日本に寛大な朴さんはどこの国の人だろう」

「日本の『両国の実行』というのは、早く少女像を片付けろって意味だね」
「国際的なカモだ」
「いったい日本に何を実践しろって?早く10億円払えということ?国民が知っているのは10億円をくれるということだけなんだけど」

「完全にもてあそばれてる」
「三一節に日本に丸め込まれるなんて、大統領は無能を見せびらかすつもりかな?黙ってればいいのに」
「まるで物乞いするみたいな、恥辱的な三一節の記念式典になってしまった…」(翻訳・編集/吉金)