写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エムアイセブンジャパンは、PreSonusのDAWソフトウェア「Studio One」の最新無償アップデートであるバージョン 3.2を発表した。

最新版では、Studio One のネイティブ・ミックス・エンジンのチューンまたはバイパス / リプレイスを可能にする「Mix Engine FX プラグイン」機能を採用。従来のプラグインとは異なり、Mix Engine FXは、バス経由でルーティングされた各チャンネルをソースで個別に、またはサミング・ ポイントで処理できるほか、ステイト・スペース・モデリングを使用してアナログ・ミキサー・システムのトポロジーと構成部品を再現した初のMix Engine FX純正プラグイン「Console Shaper」も提供する。

また、今後Slate Digital、 Softube、Acustica Audio、その他のサードパーティ・デベロッパーからMix Engine FXがリリースされる予定。さらに、VCAフェーダーをはじめ、ズーム・ショートカット、トランジェント単位のタブ移動、代替トランスポート・モード、新しい再生スタートマーカー、バーチャル・インストゥルメント・パートのオーディオ書き出しのドラッグ & ドロップなど、数々の音楽制作ワークフローをさらに高速化する新機能も搭載している。なお、同アップデートは、Studio One 3 登録済みユーザー全員へ無償提供されるとのこと。

(内山秀樹)