時間はかかるけれど、いずれは症状がほとんど出なくなることも

写真拡大

花粉症を含め、多くのアレルギー疾患の治療は対症療法で、症状は和らぐがアレルギーとは付き合い続けなければいけない......という例も少なくない。

そんなアレルギーの根治が期待できる治療法が「アレルゲン免疫療法」だ。薄めたアレルゲンのエキスを皮下や舌下で投与するもので、スギ花粉症を対象とした治療薬も2014年10月から販売されている。

販売当初から期待する声が多いが、実際に効果はあるのだろうか。

免疫療法は手間がかかる?

「アレルゲン免疫療法(減感作療法、特異免疫療法とも)」は、少量のアレルゲン(対象となるアレルギーの原因物質)を体内に投与することで、アレルギー症状を起こさない状態の体へと、徐々に調整していく治療法だ。

アレルゲンの投与を繰り返していくうちにアレルギー症状、花粉症であれば鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった反応が弱くなり、対症療法として利用している薬などを使う回数が減らせ、最終的にはほとんど症状が出なくなることもある。

毎年定期的に悩まされる人が多い花粉症が根治できる、となると理想的な治療法にも思えるが、欠点もいくつかあった。

まず、これまでの花粉症を対象としたアレルゲン免疫療法は、スギ花粉エキスを皮下投与、つまり注射で投与していた。そのため、週に1〜2回は必ず通院しなければならず、毎週注射をする。また、治療の性質上、数か月程度では終わらず、少なくとも2年以上はかかっていた。

それに対し、2014年から保険適用となった「スギ花粉舌下免疫療法」は、その名の通り、舌の下にアレルゲンエキスを垂らし、2分後に飲み込むだけですむ。注射の痛みがないうえ、通院の回数も減らせる。

ただし、圧倒的に舌下療法が手軽というわけでもない。

まず、エキスは毎日服用する必要があり、2週間に1回は通院が求められる。服用期間は日本アレルギー学会の治療ガイドラインでは2年間とされており、時間がかかる点は注射と変わらない。

また、現在販売されている舌下免疫療法の薬は、あくまで「スギ花粉」がアレルゲンとなっている花粉症の治療薬で、他の花粉や複数の花粉が原因となっている場合は効果がない。

皮下、舌下免疫療法共通のリスクとして、いくつかの副作用もある。投与した部位に軽度のアレルギー症状が出る場合や、アナフィラキシーが起きる可能性もゼロではない。

結局それほど手間は軽減されていないようにも思えるが、実際に舌下免疫療法を受けた患者からはどのような声が出ているのだろうか。

短期間で効果を実感している患者も

2015年11月に開催された「第52回日本小児アレルギー学会」で、日本医科大学多摩永山病院耳鼻咽喉科部長、病院教授の後藤穣医師が、2014年11月〜2015年1月にかけて舌下免疫療法を開始した患者102人を対象に実施したアンケートを公表している。

「舌下療法の効果を自覚したかどうか」という質問に対して、「やや効いた」「効いた」「とても効いた」と回答したのは78%。

毎日エキスを飲まなければいけない点については、「それほど負担ではなかった」が54%、「全く負担ではなかった」が33%と、それほど手間には感じなかったようだ。2週間おきの通院を負担と感じている人が69%いたものの、99%が「来年も治療を継続したい」と答えており、高い評価を受けていることがうかがえる。

現在のところ、スギ花粉舌下免疫療法はどこでも受けられるものではなく、治療薬を販売している鳥居薬品の施設検索などで探す必要がある。

また、治療を花粉シーズン中やその直前、直後に受けることはできないため、今すぐどうにかするのは難しい。今年の花粉シーズンは何とかしのぎ、来年に備える、ということになるだろう。

舌下免疫療法は、投与するアレルゲンの種類を変えることで、さまざまなアレルギー疾患の治療にも役立つのではと期待されている。2015年には、ダニによる「通年性アレルギー性鼻炎」の治療薬も登場した。花粉症に限らず、アレルギーを発症しても舌下免疫療法で完治する日が来るのは近いかもしれない。[監修:山田秀和 近畿大学医学部 奈良病院皮膚科教授、近畿大学アンチエイジングセンター 副センター長]

(Aging Style)