リオデジャネイロオリンピックのアジア最終予選が29日から大阪で始まった。アジアに与えられた2枚の切符を6か国が争う過酷な戦い。日本はオーストラリアとの初戦に1−3で敗れ、厳しい黒星スタートとなった。

「この4週間、日本戦を想定してワールドカップの試合よりもテンポよく試合運びができるように準備してきた」と、オーストラリアのアレン・スタジッチ監督は誇らしげに語った。日本に対して万全の対策を練り、それが見事にハマった。1−3というスコアがすべてを表していた。

 立ち上がりの日本は、硬さはあるものの決して悪い動きではなかった。手始めに右サイドから川澄奈穂美(INAC神戸)が小気味良く中央へクロスボールを入れていく。16分には、大儀見優季(フランクフルト)から中島依美(INAC神戸)へとつなぎ、そこから逆の右サイドへ大きく展開すると、走り込んだ川澄がシュートを放つ。この1カ月取り組んできたサイドチェンジの形が出た。

 21分には阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)がトラップからミドルシュートを放つなど、そろそろゴールの匂いが漂ってきたその矢先のことだった。K・ゴリーが強引にシュートに持ち込む。ここは3人が反応してブロックするも、跳ね返りを再びゴリーがシュート。これもブロックするが、完全にDF陣がひきつけられた。3度目にボールを保持したゴリーが逆サイドへクロスボールを入れると、L・デバンナにヘッドで合わされ失点を喫してしまう。

 40分に同点弾を狙って、佐々木則夫監督は早々と横山久美(AC長野)を投入する。しかしその直後、阪口のパスがボールを避けたはずの主審に当たり、拾ったデバンナが一気に前線へ。M・ヘイマンが山根恵里奈(ジェフ千葉)との1対1を難なく制した。まさかの主審のアシストで痛恨の2失点目。

 前半ラストプレーで阪口のシュートを最後は大儀見が体勢を崩しながら触り、コースを変えて押し込み1点を返すことで何とか崩れるリズムを押しとどめた。

 後半の立ち上がり、日本は一気に同点から逆転を狙おうと先手攻撃を立て続けにしかけた。たられば、ではあるが、チャンスを生み続けたこの時間帯にゴールを割ったのが日本であれば試合の展開は大きく変わったはずだ。49分、FKから混戦に持ち込み、こぼれ球を阪口がトラップからシュートを放つもGKがセーブ。決定的な場面だった。しかし決めきれない日本に、オーストラリアがとどめを刺したのは78分のこと。右からのクロスにファーサイドで全くノーマークにしてしまったゴリーに決められ万事休す。日本は大事な初戦を1−3という完敗で終えることになってしまった。

 敗因のひとつは懸念されていた守備の連係不足。特に3失点目ではそれが顕著に表れた。マークの受け渡し、誰がボールにプレッシャーに行き、誰が人を見るのか。さらには奪いどころが明確にできなかったため、ラインはズルズルと下がり、セカンドボールも奪えないという悪循環を生み出した。

 そして攻撃面では、中盤でボランチの宮間が完全にケアされてしまい、動きを封じられていたことで、大儀見が下がってボールを受けざるを得なくなった。しかし、受けに下がってもさばくだけで前を向けない。次のゴールが勝負の分かれ目といった場面で、大儀見が前を向いていなければ相手にとって脅威にはならない。宮間も同様だ。

 一気に局面を打開できる得意のダイレクトパスが、スローインからの一瞬でしか生まれないならば、早い段階でボランチは川村優理(ベガルタ仙台)にスイッチし(実際には84分に投入)、宮間を一列上げての4−2−3−1や、右サイドへスライドさせてピンポイントクロスの配給率を上げる打開策も見てみたかった。

 攻守において共通するのは、連動した動きができていないことだ。連係・連動はなでしこの基本である。これをなくしては、攻撃も守備も成り立たない。もちろん個で勝負することは必要だが、それが線にならなくてはなでしこの強みは半減する。

 逆にオーストラリアはフィジカル勝負だけでなく、日本のリズムを崩しながら、狙ったところにスペースを生み、的確にスピードのあるボールを配給した。自分たちの特長を最大限に生かしただけでなく応用したのである。前回、ロンドン五輪予選の出場枠からはじき出されたオーストラリアの、日本戦にかける取り組みの凄まじさを感じずにはいられない。対策を練り倒し、体に叩き込んで臨んできたオーストラリアと、実戦でやりながら馴染ませようとした日本との差は明白だった。

「これが自分たちの実力。わかっていたことだがまだまだ力が足りない」とは宮間。「サイドを生かしてうまくシュートできていても、ブロックが入るということは(相手を)吹っ切れていないということ。それでも、攻撃できていない訳ではないので信じてやっていくしかない」(宮間)と決意を新たにした。

「クロスのタイミングが合わなかった」と大儀見も悔しさを隠せない。「あと2、3点取れるような選手にならないといけない」と自らにハッパをかけた。

 この敗戦でもう1敗も許されない状況に立たされたことは事実。けれど誰しもが口をそろえた。

「ここで下を向く訳にはいかない。まだチャンスはある」と。どこに原因があるのか、それは選手たちが一番理解している。皮肉にも、なでしこたちはこの敗戦で真のチャレンジャーになれたのかもしれない。本来はこちらの立場の方がなでしこたちらしい。

 大会直前、宮間は「泥臭く戦いたい」と言った。なりふり構わず、ボールに食らいつき、結果をもぎ取る――この崖っぷちから本領発揮するのが受け継がれてきたなでしこの強さであり、神髄でもある。この逆境を乗り越えられれば、間違いなく新しいなでしこジャパンの幕開けとなる。そのチャンスを掴んだのだ。チャレンジャーとして果敢にボールを追う姿を見せてくれるに違いない。勝負はまだ始まったばかりだ。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko