中国メディアの北京晨報は1日、安徽省で鶏肉食品を販売していた店主が有毒有害食品販売の容疑で身柄を拘束されたことを伝えた。同店主はケシの実の殻(ケシがら)をから揚げに用いたという。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの北京晨報は1日、安徽省で鶏肉食品を販売していた店主が有毒有害食品販売の容疑で身柄を拘束されたことを伝えた。同店主はケシの実の殻(ケシがら)を鶏のから揚げに用いたという。ケシがらを食品に混入させ販売するとの違法行為については中国政府・国家食品薬品監督管理総局が問題視しており、今回の案件は同局が以前指摘した中国全土で発生している35件の違法販売のうちの1つであるという。

 店主の供述によると、ケシがらは15年3月に安徽省の市場で購入し、肉を揚げる前の調味料に漬ける段階で混入したという。から揚げを買う客は混入前に比べて明らかに増えたとしリピーターも増加したと述べ、販売は好調であったと明かした。そのほかケシがらを使った食品には中毒性はあるものの少し食べた程度では健康に大きな影響を与えないと考えていたという。

 同店はケシがらを混入したから揚げを毎日およそ50キログラムほど販売しており、300元(約5200円)ほどの利益を上げていたという。2015年の3月から10月までの販売量はおよそ10トンにのぼるとのことだ。

 中国当局の検査によると、店舗の商品からはケシがらのほか、モルヒネ、ナルコチン、コデイン、デバインなどの成分が検出されたと伝えた。続けて有毒有害な食品を販売することは犯罪であることを強調した。

 中国では食品に異物を混入し客を「中毒状態」にして儲けようとする事件が絶えず社会問題化している。中国から食品を輸入する日本にとって、無関係とはいえない問題だ。食品問題に対しては日本と比べてルーズな中国だが、麻薬などの問題に対しては歴史的な背景もあり厳しい刑罰を科している。解決に向けて政府の対応に注目が集まる。(編集担当:大平祥雲)(イメージ写真提供:123RF)