中国メディアの環球網は1日、中国人が福岡県内の飲食店でトラブルを起こし、駆けつけた警察官に噛み付いたとして逮捕されたと報じた。日本では「中国人蔑視」とも受け止められる意見発表があるが、日本では「差別しているのではなく、中国人がルールを守らないことが多いからだ」との主張があると紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの環球網は1日、中国人が福岡県内の飲食店でトラブルを起こし、駆けつけた警察官に噛み付いたとして逮捕されたと報じた。日本では「中国人蔑視」とも受け止められる意見発表があるが、日本では「差別しているのではなく、中国人がルールを守らないことが多いからだ」との主張があると紹介した。

 逮捕された中国人は日本在住で、添乗員として2月28日、中国人団体を福岡県内の飲食店に案内した。「食べ放題」のコースだったが、定められた時間を過ぎても注文を続け、店側が拒否したのでもめた。店は警察に通報した。

 駆けつけた警察官は、添乗員役の中国人が、警察官の顔を殴ったり腕に噛み付いたとして、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。中国人容疑者は犯行を否定したという。

 環球網は、中国人客の増加にともない、日本ではメディアの関心も高まっていると指摘。「大部分は善意的な報道だが、一部の右翼は、これを機会と、発言している」と論評。

 漫画家・評論家の小林よしのり氏を「右翼作家」と紹介して、ブログで「中国人観光客が歩いてるだけで、京都の趣きは失われている」と論じ、外国人の中でも特に中国人を「目障り」と主張したと、伝えた。

 小林氏の発言で議論が始まり、「中国人蔑視だ」とする主張も出たが、一方では「差別しているのではなく、中国人がルールを守らないことが多いからだ」との指摘が出たと紹介した。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:123RF)