"俺ガンダム"を創造して戦う

写真拡大

バンダイナムコエンターテインメントは、PlayStation 4とPlayStation Vita向けアクションゲーム「ガンダムブレイカー3」を2016年3月3日に発売する。

アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデル「ガンプラ」の頭や胴、腕などのパーツを自由に組み替え、オリジナルガンプラを作って戦う。敵ガンプラを"破壊"してパーツを収集しカスタマイズ。巨大な敵ガンプラに対しては仲間と共闘することも可能だ。プレイヤーをサポートしてくれる「SDガンダム BB戦士」を御伴(おとも)につけられる。

パーツの組み替えに加え、「ミサイルポッド」や「ビームランチャー」などの「ビルダーズパーツ(追加オプション装備)」を後付けできるなど、より奥深いカスタマイズが可能になったという。前作に登場した全ガンプラに加え、「フルアーマー・ガンダム」や「G-セルフ」など新たに20機以上が新登場する。

そのほか主人公とヒロインがガンプラバトルで地元商店街の復興を目指す「ストーリーモード」、他プレイヤーが制作した機体と疑似バトル「バウンティハンターモード」などを搭載する。

価格は、PS4パッケージ版・ダウンロード版とも7600円(税別)。PS Vitaパッケージ版・ダウンロード版とも6800円(同)。