2月29日、春節休暇の間、人民元の対円レートは変動が続いたものの、1元は約17円前後を維持している。つまり、100元は1700円に相当する。この1700円は日本ではどんなものが買えるだろうか。

写真拡大

2016年2月29日、春節休暇の間、人民元の対円レートは変動が続いたものの、1元は約17円前後を維持している。つまり、100元は1700円に相当する。この1700円は日本ではどんなものが買えるだろうか。チャイナネットが伝えた。

▼日本
リンゴ10個
おにぎり5個に味噌汁つきの朝食
普通の居酒屋での2時間飲み放題
屋台のおでん9本
ラーメン2杯
お台場の観覧車2回分(1回15分、700円)
地下鉄18駅分

▼タイ
タイの物価は比較的に安い。今の相場は1元が5.479バーツで、100元は547.9バーツに相当する。タイでは1回の食事代が、住宅街でも駅でも空港でも30〜35バーツでほぼ統一されている。100元持っていればファーストフード15人前を買うことができる。大型スーパーではステーキ肉が1キロ135バーツで売られているので4キロまでOK。メンソレータムは1個89バーツなので6個買える。

▼英国
英国は生活の質を重視する国。店で売られているのは基本的にどれも高品質のものばかりである。しかしその値段は思ったほど高くない。コスタコーヒーではサンドイッチつきのモーニングセットが約6ポンド。牛乳を一緒に飲みたければスーパーで0.45ポンドで売られている。昼はたいていファーストフード店で済ませる。マクドナルドのビッグバーガーセットが4.99ポンド。他のファーストフード店でも5ポンド前後である。

▼米国
現在、100元は15ドルに相当する。15ドルで買えるものといえば、スーパーに売っているものでは、コーラやスプライト、ファンタなどが1本0.99〜2.99ドル。100元で15本の炭酸飲料が手に入る勘定だ。ミネラルウォーターでも1.99ドルなので7本まで買える。ただパンやポテトチップ、オレオ(ナビスコ)などは2〜5ドルと、あまり安いとはいえないかもしれない。

▼韓国
100元は1万8926ウォンに相当する。韓国といえばキムチ。まずキムチの値段を見てみよう。韓国の大型スーパーでの相場は1袋5000ウォンで売られている。100元あれば3〜4袋買えることになる。一方、肉は高い。100グラム2800ウォンする。500グラム買うには1万4000ウォンが必要だ。100元では500グラムちょっとしか買えない。(提供/人民網日本語版・編集/武藤)