ゲームの進化をたどる企画展 130以上の名作をプレイ可能

写真拡大

3月2日(水)より、東京・お台場の日本科学未来館にて、コンピューターゲームの進化をたどる企画展『GAME ON 〜ゲームってなんでおもしろい?〜』が開催される。

この企画展は、コンピューターやインターネットの進化とともに、常に新たな驚きと楽しみを人々に与え続けるテレビゲームの歴史、社会的・文化的な意味、未来について考えるもの。2002年にイギリス・ロンドン市で開催されて以来、世界中を巡回してきた「GAME ON」が、ついに日本に初上陸する。

会場には、1970年代に大ブームとなったインベーダーゲーム、貴重な筐体が勢揃いしたアーケードゲームコーナー、ファミリーコンピューターをはじめとした家庭用ゲーム機、スマホゲーム、最新VR(バーチャルリアリティ)など、ゲームの創世記から現在までを一望する品々が登場。スペースインベーダー、パックマン、ドンキーコング、ゼビウス、ストリートファイター、ファイナルファンタジー、パラッパラッパーほか、コンピューターゲームの歴史を彩る130以上のゲームをプレイできる。

『GAME ON 〜ゲームってなんでおもしろい?〜』は、2016年3月2日(水)〜5月30日(月)まで、日本科学未来館(江東区青海2-3-6 新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」徒歩4分)にて開催。開館時間は10:00〜17:00。休館日は火曜日(3月29日、4月5日、5月3日は開館)。入場料は大人1500円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです