シボレー・コルベットは多彩なスポーツカーが競演?する都心でもそうそう見かける存在ではなく、限定車でなくても思わず振り向いてしまう存在感に満ちています。

今回、わずか限定1台の「コルベットレーシング・イエロー」にペイントされたコルベットZ06をはじめ、シボレー・コルベットの特別限定車(計10台のみ!)がWeb限定で販売されます。

今回の特別限定車は「コルベットレーシング・イエロー」をまとった「Z06 RS-Y」が1台限定で1462万円、同カラーの「Z51 3LT RS-Y」が3台限定で1212万円。「トーチレッド」にペイントされた「Z06 RS-R」が1台限定で価格は1462万円。また、同カラーの「Z51 3LT RS-R」が3台限定で1212万円で販売されます。

2016_chevrolet_corvette_corvette-z06 トーチレッド

「シャークグレーメタリック」も同じく「Z06 RS-G」が1台限定で、1462万円という設定。また、同カラーの「Z51 3LT RS-G」は3台限定で、こちらも1212万円という価格になっています。

2016_chevrolet_corvette_corvette-z06 シャークグレーメタリック

特別に用意されるのはもちろんボディカラーだけでなく、各限定車ともにカタログモデルには設定のない「スウェーデッドマイクロファイバーインサート」付GTバケットシートを採用。

インテリアは限定車により異なりますが、各ボディカラーにマッチしたスティッチもしくは、2トーンカラーのシートが組み合わされます。また、エンジンフードには、コルベットレーシング モデルを彷彿とさせるカーボンファイバーフードインサートが施されているほか、カーボンフラッシュバッジ、ヴィジブルカーボン製ルーフパネル、ブラックホイールにより印象的なカラーコントラストとされているのも特徴。

なお、「Z06」は直噴技術をはじめ、スーパーチャージャーや気筒休止システム、可変バルブタイミングシステムなどを搭載した6.2L V8エンジンを搭載。659ps/881Nmを誇る史上最速のコルベットであり、自社開発の8ATが組み合わされています。

一方の「Z51」は、6.2LのV8エンジンを搭載し、486ps/630Nmというスペックで、8ATのほか7MTも設定。

なお、10台限定の特別仕様車は、3月3日〜13日までシボレーのオフィシャルWebサイト限定で購入予約の受付という販売形態になります。

2016_chevrolet_corvette_corvette-z06 トーチレッド2016_chevrolet_corvette_corvette-z06 シャークグレーメタリック1456451241926

(塚田勝弘)

【関連URL】

■シボレー公式サイト
http://www.chevroletjapan.com/

1台限定カラーを含む10台の特別なシボレー・コルベットをWeb限定で販売へ(http://clicccar.com/2016/03/02/357000/)