バッテリー残量を気にせず快適に使えるSIMフリースマホ

写真拡大

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリースマートフォン「Moto X Play」を2016年3月中旬以降に発売するのに先だち、予約を受け付けている。

従来と比べ省電力とされる最新OS「Android 6.0」をプレインストール。容量3630mAhバッテリーと合わせ、最長48時間駆動を実現したほか、15分の充電で8時間駆動分の急速充電に対応し、バッテリー残量を気にせず、より快適に使用できるという。

4G LTEのほか3G、2Gと幅広いバンドに対応。日本国内はもちろん一部海外でも使用できる。いずれもLTE対応のnanoSIMスロットを備えた「デュアルSIM」仕様。

キズつきにくい強化ガラス「Corning Gorilla Glass 3」採用の5.5型フルHD(1920×1080ドット)液晶ディスプレイを搭載。メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GB。microSD(最大128GB)スロットを備える。IEEE 802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。2100万画素メイン、500万画素サブカメラを搭載する。カラーはホワイト、ブラックの2色。

市場想定価格は4万4200円(税別)。