1日、高速鉄道の人口カバー率で、韓国は44%と世界一であることが分かった。一方、中国は10.7%と著しく低い。写真は中国の高速鉄道。

写真拡大

2016年3月1日、中国・参考消息網によると、国・都市間の移動手段や交通機関の料金などを検索・比較するのに便利なサイト「GoEuro」が発表した高速鉄道の世界ランキングで、中国の高速鉄道の人口カバー率は著しく低いことが分かった。

同ランキングによると、韓国の鉄道路線のうち高速鉄道基準を満たすのは1.62%にすぎない。だが人口カバー率は44%で世界一だ。

一方、中国の鉄道路線の29.22%が高速鉄道であり、その営業距離は1万9000キロで世界一だ。だが人口カバー率は10.7%と低い。(翻訳・編集/柳川)