画像

写真拡大

 日本IBMは、3月1日、新しい次元の「つながる」ソリューションを業界ごとに創出する「Watson IoT事業部」を新設、各業界でのエコシステム構築を目指す。なお、すでに三菱電機やソフトバンク、リコー等と協業することで合意している。

 日本IBMは、IBM Watsonに代表されるコグニティブ・コンピューティングとIoTが密に連携する新しい次元の「つながる」ソリューションを業界ごとに創出する「Watson IoT事業部」を新設した。

 新事業部は、日本を含む、アジア、欧州、米国の8カ所の「Watson IoT Client Experience Center」と連携して、コグニティブ・コンピューティングを活用した新しいソリューション開発、作成に必要なテクノロジー、ツールを提供する。

 IBMでは、IoTが効果を発揮する領域として、「つながるクルマ」「スマート・マニュファクチャリング」「コネクテッド・ライフ」「ヘルスケア」「スポーツやエンターテイメント」「小売業の店舗」など、6つのユースケースを想定し、ビジネスを推進している。今後は、産業分野ごとの活発なエコシステム形成を目指していく。

 具体的には今回、スマート・マニュファクチャリング分野では、三菱電機とIoT技術を活用した次世代スマートファクトリー実現に向け、技術協力することで合意した。今後、両社の強みを活かし、ファクトリー・オートメーション(FA)とITシステム間の連携強化に向けた取り組みを推進していく。

 コネクテッド・ライフの分野では、ソフトバンクと協業することで合意。家電やセキュリティー機器など住宅関連の機器との連携を促進し、位置情報や決済基盤などの通信事業者としての資産も活用して、安全・安心・快適な生活環境の構築を目指す。

 ヘルスケア分野では、ミネベア、千葉大学大学院医学研究院および千葉大学医学部附属病院とも協業し、生体情報モニタリングシステムの開発を視野に実証をはじめている。

 また、リコーとは、企業活動における意思決定のスピードや質の向上に寄与するビジュアルコミュニケーション分野において、協業していくことで合意。リコーのン製品・サービスとIBM Watson IoT platformが連携することで、コグニティブ・ワークプレイスの実現を推進していく。

MarkeZine編集部[著]