29日、日本で慰安婦問題を報道した元朝日新聞記者で3月から韓国・カトリック大学の招聘教授に就任する植村隆氏が、「日韓の若者たちの交流に貢献したい」との意気込みを語った。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年2月29日、韓国・ハンギョレ新聞によると、日本で慰安婦問題を報道した元朝日新聞記者で3月から韓国・富川にあるカトリック大学の招聘(しょうへい)教授に就任する植村隆氏が、「日韓の若者たちの交流に貢献したい」との意気込みを語った。

植村氏はこのほど、東京都内で開かれた歓送会で、3月から韓国のカトリック大学で「東アジアの平和と文化」の授業を担当することについて、「韓国語の実力が少し心配だが、韓国の若者たちにしっかりと教え、日本の若者たちと良い交流ができるようにしたい」と述べた。

植村氏は昨年1月、週刊文春や東京基督教大学の西岡力教授の雑誌論文で、自身の書いた慰安婦に関する記事が捏造だと報じられ、名誉を傷つけられたとして慰謝料など計1650万円を求める訴訟を起こした。これについて、植村氏は「多くの試練を通してさまざまなことを感じた。多くの人と付き合う中で、日本のジャーナリズムの弱さと戦わなければならないと感じた」などと語った。

この報道に、韓国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「真実はいつか必ず勝利する。頑張れ!」

「美しい勇気の持ち主」

「日本にも良心を持つ人がいると知って、少し希望が見えた」

「本当に立派な人。皆と違う意見を堂々と叫ぶことができるなんて…。尊敬する」

「カトリック大の生徒がうらやましい。植村氏は真のジャーナリストだ。韓国メディアに見習ってほしい」

「ネットを見ると反日、嫌韓が深刻だが、実際に行ってみると全くそんなことはない」

「植村氏が韓国でつらい思いをしませんように!」(翻訳・編集/堂本)