職人産業が危機にさらされている:イタリア

写真拡大

イタリアでは、経済危機によって職人の職業のいくつかが消滅の危機にさらされている。一方、美容師、造園業、ストリートフードなど、成長している分野もある。

「職人産業が危機にさらされている:イタリア」の写真・リンク付きの記事はこちら

職人産業が、前例のない危機を迎えている。さまざまな業種にいえる話だが、最も悲惨なデータは「建築」「運輸」部門におけるものだ。2015年のデータによると、活動している事業者が21,870減少したという。また、2009年以降、総数としては11万6,000減った。

他の部門では「金属機械」(金属関連の製造者で-12,556、機械設備で-4,125)と、「木工職人」だ(-8,076で、家具製造者も入れると-11,692となる)。

一方、成長に成功している分野もある。「美容師」「エステ」(+2,180)、「清掃業」「庭園整備」(+11,370)、「ジェラート屋」「デリ」「路上食品販売」のいわゆる「ストリートフード」(+3,290)は増加した。

イタリア手工業総同盟(CGIA)のパオロ・ザベーオは、通信社ANSAのインタヴューで次のように語っている。

「他の経済分野と違い、職人産業は、営業している事業者の数がはっきりと減少を記録し続けている唯一の経済カテゴリーです。実際、職人産業ではない事業者を見ると、昨年漸減を示しているのは、農業と鉱物採掘だけです」

CGIAのデータによると、いくつかの職業については消滅する可能性もある。登録者のうち、減少が最も深刻な職業は、「小規模海運業」(-35.5%)「ニット職人」(-33.1%)「AV機器の修理業者」(-29.4%)「家具の仕上げ職人」(-28.6%)「肘掛け椅子・ソファの製造者」(-28.4%)「毛皮製造者」(-26%)「額縁職人」(-25.7%)「わら縄張り職人」(-25.2%)「椅子職人」(-25.1%)「トラック運転手」(-23.7%)「大工」(-23.2%)だ。

関連記事人工知能やロボットには奪われない「8つの職業」(2015.3.25)

TAG

JobWIRED ITWorkstyle