1日、中国の鉄道駅でこのほど、強烈な臭いを放つことで知られるドリアンを車内に持ち込もうとした女性に「待った」が掛けられた。写真はドリアン。

写真拡大

2016年3月1日、安徽商報によると、中国の鉄道駅でこのほど、強烈な臭いを放つことで知られるドリアンを車内に持ち込もうとした女性に「待った」が掛けられた。

日本では中国発祥の「臭豆腐」が鉄道車内で起きた異臭騒動の原因かと注目を集めたばかり。中国の鉄道には「公衆衛生に影響を及ぼす物品の車両持ち込みを禁じる」という規定があり、これには臭豆腐とともに果物の王様・ドリアンも含まれている。

女性は計5キロほどを袋に詰めており、「退屈しのぎに食べるつもりだった」と説明。係員から持ち込み禁止を告げられてもすぐには納得せず、最終的にその場で全て食べきった。ただ、女性の顔には鼻血がみられ、本人は「平気。大したことない」と言いながら構内に向かったという。(翻訳・編集/野谷)