桃園空港が第2位に  旅客数規模別で=2015年の空港旅客満足度/台湾

写真拡大

(桃園空港 1日 中央社)世界各地の空港運営団体で構成される「国際空港評議会」(ACI)が先月29日に発表した2015年の空港サービス評価(ASQ)で、桃園国際空港(桃園市)が旅客数2500万〜4000万人の規模別部門において2年連続の2位を獲得した。

同評価は空港利用者に対する満足度調査を基に決定された。2006年の調査から毎年発表され、空港のサービスに対する利用者の評価を測る指標となっている。参加空港は320以上に上る。

同部門の1位は同率でインド・ニューデリーのインディラ・ガンジー国際空港と同ムンバイのチャトラパティ・シヴァージー国際空港だった。

(卞金峰/編集:名切千絵)