入学準備の定番「学習机」は買う?買わない?

写真拡大

卒園式・卒業式が終わると、また新たな1年の始まりですね。とくに小学校という新たなステージに上がるときには、ランドセルを買ったり、勉強道具を買い揃えたりと、親も色々な悩みがでてくるもの。

なかでも、“学習机”を用意するかどうかということについては、近頃は色々な理由から「とりあえず様子を見てから考えよう」という家庭も増えてきているよう。

金額的にも、サイズ的にも大きな買い物になるため、慎重に検討する保護者は多いようです。

そこで今回は、「学習机を用意するべきなのか、しなくてもいいのか」について考えていこうと思います。
実はリビング学習が大半
小学校へ通うようになると、毎日宿題を持ち帰ってくるようになります。「勉強は専用の学習机で取り組むもの」と考える保護者が多い反面、実際に小学生の子どもがいる方たちの声を聞いてみると、必ずしも「子どもは学習机で勉強しているわけではない」というのが実情のようです。

­

学習机に変わってメインの勉強スペースとなっているのは、リビングやダイニングといった家族の共有スペース。

その理由としては、家族の集まる場所は子どもにとっても安心できる空間で、落ち着いて学習に取り組めるスペースであるということが考えられます。

ほかにも、「親に勉強している姿を見てもらいたい」「分からないところがあったときに声をかけやすい」といった、共有スペースだからこその理由もあるようです。
学習机の役割は?
学習机を利用するメリットとしては、勉強をするためのスペースに座ることで“意識を切り替える効果”や、体格にあった机や椅子を使うことで“正しい姿勢を身につける効果”があります。

共有スペースでだらだらと勉強しているよりも、机に向かって短時間集中して取り組んだほうが、効率よく学習できるという意見もあるのが事実。

なので、リビングで学習している子どもにとっての“学習机”は、「勉強スペース」ではなく「自分専用のスペース」となっている傾向があるようです。学用品や私物を置く場として利用されているので、大人の目には“物置”と写ってしまうことも…。

­

けれど、自分専用の“パーソナルスペース”を持つことは子どもの心的自立を促し、心の安定を保つ役割を担っています。一見雑然としているように感じられても、子どもなりに整理していたり、置き場所を決めていたりするものですから、長い目で見守ることも大切です。

間取りに余裕があれば、リビングやダイニングといった家族の集まる場所に学習机を置いてみるのもオススメです。気分や作業によって学習机とテーブルが使い分けできたり、私物を一箇所に集めやすくなる効果を期待できますよ。
必要になってからでも大丈夫
前述したように、小学生、とくに低学年ではほとんどの子どもが学習机を本来の用途で活用できていません。そのため、学習机の用意は1人で勉強できる習慣が身についてからの用意でも十分です。

ランドセルや教科書、文房具などをしまうスペースは、リビングやその近くの出し入れしやすい場所に設けてあげましょう。

­

ただし、学習机を用意しない場合は、テーブルや椅子の大きさ、高さを一度見直してみることをオススメします。なぜならば、教科書やノートを広げ筆記用具を置けるだけの十分な広さがあるか、背筋を伸ばして座り、足を床につけられているか、といったことは効率的な学習に欠かせない要素だからです。

また、テレビやオモチャなどの娯楽品に目移りしにくい環境も大切ですね。勉強タイムには“テレビを消して部屋を片付ける”といった習慣を作るようにしてみてください。
兄弟、姉妹がいる場合は?