写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は750ccのスポーツモデル「NM4-01」「NM4-02」のデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を進化させるとともに、新デザインのマフラーを採用し、3月11日に発売する。

DCTはモーターサイクルの操る楽しさをより体感できる制御へと進化した。Sモードの変速時にエンジン回転数を従来モデルより高く設定したほか、ライダーが任意にギアを選択できるMTモードでは、減速時のシフトダウン可能なエンジン回転数の上限を引き上げ、シフト選択の自由度を拡大している。ATモードにおいて坂道の傾斜角に応じた制御を設定することで、登降坂の走行時に適正なシフトタイミングでの変速を実現した。

マフラーは内部構造などを変更して全長の短縮化を図るとともに、低周波領域の音を際立たせることで、心地よいパルス感のある排気音を実現した。異型断面のショートマフラーに合わせてシャープな形状のマフラーカバーを採用することで、近未来的なスタイリングをさらに引き立てている。

車体色は従来と同様、「マットバリスティックブラックメタリック」「パールグレアホワイト」と11色のカラーオーダープランを設定した。価格は「NM4-01」が102万600円、「NM4-01(カラーオーダープラン)」が104万2,200円、「NM4-02」が118万2,600円、「NM4-02(カラーオーダープラン)」が120万4,200円(価格はすべて税込)。

(木下健児)