スターバックス、ついにイタリア進出

写真拡大

コーヒーチェーン大手スターバックスが、グッチやフェラーリといったブランドのイタリア国内販売を手がけるペルカッシ・グループと組み、ついにエスプレッソの本場・イタリアに進出する。

「スターバックス、ついにイタリア進出」の写真・リンク付きの記事はこちら

ついに、公式発表がやって来た。

何年もの間、報道されては否定され続けてきたが、スターバックス・コーヒーが、ペルカッシ・グループとパートナーシップを結び、世界で最も有名なコーヒー店チェーンをイタリアにも進出させることを公式に発表した。同社は2017年初頭に、ミラノでイタリア初の店舗を開店する予定だ。

イタリア進出は、ある種の興奮とともに、同社のCEO、ハワード・シュルツによって発表された。彼は33年前、まさにこの北イタリアへの出張の際に、会社設立へのインスピレーションを得ている。

「スターバックスの歴史は、イタリア人の完璧なエスプレッソのつくり方と、深いかかわりがあるのです」と、彼は語った。「いままでわが社がしてきたことはすべて、わたしたちの多くがまさにこのイタリアの地で得た素晴らしい経験がもとになっています。そしていま、わたしたちは謙虚さと尊敬の念をもって、いままで学んだことをわかち合いたいと思っています」

最初の店舗はミラノで開店する。そして、スターバックスが述べているように、偉大なイタリアのコーヒー文化と融合するべく、細かな点に至るまで細心の注意が払われるだろう。

「わたしたちは、この分野において前例のない挑戦をすることになるでしょう」と、イタリアでのチェーンの立ち上げのパートナーに選ばれたアントニオ・ペルカッシはコメントした。「しかし、イタリア人はスターバックスを体験する準備ができていると、わたしたちは確信しています」

TAG

CoffeeStarbucksWIRED IT