1トイレ用(左からフローラルソープ、アロマラベンダー、プレミアムシトラス)

写真拡大

アース製薬がリキッドタイプの置き型消臭芳香剤「トイレのスッキーリ!Sukki-ri!」「お部屋のスッキーリ!Sukki-ri!」を2016年3月1日に発売する。従来の商品から「仕組みを逆さま」にし、消臭芳香液を上から下に供給する「スッキーリ」方式を採用した。J-CASTニュース編集部に送られてきた資料には、商品説明とともにオリジナルキャラクター「スッキーリ犬・匂ワンくん」の紹介文と動画も添付されていた。

「癒し系のゆるキャラ『スッキーリ犬・匂ワンくん』はかわいい犬のキャラクターです」

たぶん最近のブームに乗っかった量産型のありふれたゆるキャラなんだろうな、なんて予想しながら動画を再生すると、そこには不気味なギミックを搭載したピンクの犬が繰り広げる衝撃的な光景が広がっていた。

「スッキーリ方式」で最後の一滴まで香りが持続

「スッキーリ!Sukki-ri!」は消臭芳香液を上から供給する「スッキーリ方式」を採用したことで、最後の一滴までしっかりと消臭芳香効果が持続する仕組みを実現。従来の吸い上げ方式(管を通して芳香液を下から上に吸い上げるタイプ)の置き型芳香剤の、底の方に液が残ってしまったり、香りがあまり長続きしないといったネックを克服した新しい形だ。Wの消臭成分(植物成分とイオン系消臭剤)と香りのチカラでトイレのアンモニア臭や部屋の気になるニオイをしっかり消臭芳香する。

匂ワンくんの動画は、親子の人形が部屋のニオイに悩まされるシーンから始まる。「クサいクサいクサい!部屋がクサいー!」と手足をじたばたさせる親子の周りには、漂う臭気をイメージした塊が浮遊している。すると、部屋のどこからか

「ニオウ〜ニオウニオウ〜」

と消え入りそうなか細い声が聞こえてくる。

ぶっ飛んだアクションを繰り出す匂ワンくん

「不気味だわ」といぶかしがる親子の前で、漂っていた悪臭が一ヵ所に集まり合体。巨大な悪臭の塊が形成された。「ママ、何この現象...」と親子がドン引きしていると、突然悪臭の塊が消え、ピンク色の犬が現れた。匂ワンくんが悪臭を一瞬にして吸い込んでしまったのだ。

「スッキーリ!」

と鳴いた後、匂ワンくんは大きなゲップを放つ。「どっ、どちらさまですか」と状況を理解しきれない親子(と視聴者)に向けて、ナレーションが「スッキーリ!Sukki-ri!」の特長を説明し始める。説明を受け、部屋のニオイが消えたと親子が喜んでいると、匂ワンくんは親子まで一瞬で吸い込んでしまうのだった――。

説明もそこそこに視聴者を置いてけぼりにする急展開と、「カワイイゆるキャラ」を謳いながらげっぷを繰り返し、吸い込んだ親子を唾液まみれにして吐き出したりと、ぶっ飛んだアクションを繰り返す匂ワンくん。果たして本当に商品を売る気があるのか、疑ってしまうレベルの攻めたプロモーションだ。

「スッキーリ!Sukki-ri!」はトイレ、お部屋用にそれぞれ3種類の香りを用意しており、価格はオープン。