GDPのマイナス成長、実体経済に反映されないアベノミクス景気、4年連続で下がった実質賃金、金融業界を混乱させるマイナス金利……など日本経済を「悲観論」が覆っている。しかし、そうした指標を認めながらも著名投資銀行家で近著『上位1%のエリートしか知らない? ニッポン経済 世界最強論!』(東邦出版)が10万部突破のベストセラーとなっている“ぐっちーさん”こと山口正洋氏は「日本経済こそ世界最強」を唱え続ける。
 
 その根拠の一つが国連による『総合的な富裕度報告書2012』で日本が世界No.1になったことだ。これは「国民1人当たりの総合的な豊かさ」を表わすもので、日本は1人あたり43万5466ドルで、2位がアメリカの38万6351ドルとなっている。

「そもそもGDPに含まれる経済生産を生み出す主体は人であり、その能力の高さを示す『人的資本』、これまで構築されてきた効率的なインフラや安全な環境といった『生産資本』など、GDPに現われない資本力で日本は世界一なんです」

 また、山口氏は、経済の専門家や大メディアがこぞって口にする「失われた20年」という表現にも疑義を呈する。

「1991年のバブル崩壊以降、個人所得も小売販売額も就業者数も横ばい。この20年間で何も失われていないんですよ。それはデータが示しています」

 マネタリーベース(資金供給量=日銀券と日銀当座預金の合計)の伸びは際立っているが、「日銀の金融緩和だけでは景気回復を加速することができないという証です」と山口氏は指摘する。

「そうであるにもかかわらず、アベノミクスでは『GDP600兆円』という目標を掲げる。ふざけるな、ですよ。

 生産総数であるGDPは人口の多い国が大きくなるのは当然で、人口減に突入した日本では縮小するのが当たり前。500兆円という今のままで十分だし、仮に100兆円増えたからといって国民の生活が豊かになりますか?

 フランスのGDPは日本の半分ほどですが、“豊かさも日本の半分”ではないでしょう。GDPでは測れない豊かさを考えないと、その国の本当の実力は見えてこないのです」

 それだけではない。世界を見渡せば、国際テロ組織のアルカイダやIS(イスラム国)は依然勢力を維持し、いまだに宗教紛争が収まる様子はない。

 だが、日本には元来、宗教間の争いがない。料理や音楽など文化的な側面でも和洋折衷をもたらす寛容さを持つ。完備された医療・教育制度など、国の豊かさにつながるものはいくつもある。

「アメリカ人の友人は、私が夜にお稽古ごとや塾に通う高校生の娘の送り迎えをしないことに驚いていました。アメリカでは、高校生までは親が送り迎えをするのが当たり前なんです。交通インフラが整っていないというのも理由の一つですが、年頃の娘が夜に1人で出歩くのは危険だからです。

 日本の安全を金額に換算したらいくらになるのでしょうか。日本は世界から見れば、手の届かない憧れの的。それも奥ゆかしい“深窓の令嬢”なのです」(山口氏)

●やまぐち・まさひろ/1960年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、丸紅入社。モルガン・スタンレーなど欧米の金融機関を経て投資会社を設立。「ぐっちーさん」のペンネームでブログやメルマガを中心に活躍中。

※週刊ポスト2016年3月11日号