12チャンネルを先行配信(C)AbemaTV

写真拡大 (全4枚)

 ここ数年、ネット動画配信については、海外発のHulu、Netflixなどが注目を集めていたが、国内ではあまり大きな動きがなかった。とくにコンテンツの最大供給元であるテレビ局は大きな動きを見せていなかったが、そのなかで、最注目は「AbemaTV(アベマTV)」だった。

 「AbemaTV(アベマTV)」は、サイバーエージェントとテレビ朝日が開局を目指すインターネットテレビ。2015年4月に、共同出資により「株式会社AbemaTV」を設立し、準備を進めてきた。正式開局は今年4月11日予定となっている。

 「AbemaTV」の特徴としては、スマホ時代を意識したデザインを採用した点、全コンテンツを無料で提供する点、そして、従来のテレビ局のように、多彩な“チャンネル方式”でコンテンツを提供する点だ。チャンネルは、オリジナル生放送、ニュース、音楽、スポーツなど、ジャンルごとに分かれており、約20チャンネルが提供される。1月からサイバーエージェントが提供開始した映像配信プラットフォーム「AmebaFRESH!」との連携も予定されている。

 今回3月1日より、12チャンネルに限定して一部先行配信も開始。オリジナルニュースチャンネル、特別番組、ドキュメンタリー、スポーツ、アニメ、ミュージックビデオ、ペット、麻雀、釣り、そして「AmebaFRESH!」の人気トーク番組映像を放送する専門チャンネルが公開中だ。今後は「ChromeCast」「AirPlay」「AndroidTV」「AppleTV」への対応も進める方針。

 視聴はPC(ブラウザ)またはAndroid/iOS端末(アプリ)から可能。

■関連リンク
AbemaTV(アベマTV) | インターネットテレビ局