『Pepper Job Training ペッパー ジョブ トレーニング』のワンシーン

写真拡大 (全4枚)

 街中のいろんな場所で見かけるようになったロボット「pepper」。ソフトバンクショップはもちろん、デパート、レンタルストアなどの店頭にも配属されており、接客やピーアールなどを行っているのを見た人も多いだろう。

 日産自動車は昨年12月、「日産 レディー・ファースト ショップ」に、100体のPepperを配属することを発表。さらに今回、それらのPepperが、どのような「事前トレーニング」を受けているのかを映像化したムービー『Pepper Job Training ペッパー ジョブ トレーニング』を公開した。

 「日産 レディー・ファースト ショップ」は、特に女性・家族での来店促進に力を入れているショップだ。今回のムービーでは、山形南二番町のショップに配属される1体のPepperを追跡。名刺交換、店内清掃、書類整理、荷物受け取りなど、ショップで必要になるであろう技能を磨いている姿を描いたイメージ動画となっている。

 本編となる『とあるPepper配属先の山形から篇』も公開されており、こちらは、実際の販売店での様子が伺える内容。特設サイトからも視聴可能だ。

 なおムービーの公開にあたり、日産自動車は「100体一斉導入」後の状況について、アンケートを実施。導入先販売員の満足度は90%(n=68名,52店舗)で、来客のうち84%(n=224名,22店舗)が満足を示したという。利用シーンでは、「子どもの遊び相手」94%がもっとも多かった。



■関連リンク
Pepper100体が日産のお店のスタッフに。