ガソリン代が値下がり傾向! 家計への影響は、いかほど?

写真拡大

一昨年の10月あたりから自家用車にガソリンを給油するたびに「安くなってきたな」と感じている人も多いと思います。
資源エネルギー庁が公表した今年2/22時点における石油製品価格調査(レギュラーガソリン)は113.0円/函腹1)でした。

この結果は、全国平均価格のため、地域差があるとはいえ、都内のガソリンスタンド激戦地域においては、100円/箸鮴擇覯然覆眦仂譴靴討い泙后2014年4月以降の過去の推移(※2)をみてもレギュラーガソリン価格の低下は顕著です。

現在のガソリン価格で年間試算すると…


仮に自家用車1年間の走行距離が5,000kmのライトユーザーで所有する自家用車の1箸△燭蠅稜拡颪12kmあったと仮定して試算してみると、
5,000km÷燃費12kmと仮定=約416.7箸離ソリン消費
≪ガソリン価格160円/1箸任△辰疹豺腆
416.7函160円=66,672円(=1年間のガソリン代)
≪ガソリン価格113円/1箸任△辰疹豺腆
416.7函113円=47,087円(=1年間のガソリン代)
差額△19,585円の家計負担軽減

総務省統計局の家計調査(※3)を見ても平成26年12月の1ヶ月間のガソリン代は、6,197円であったものが、最新の調査結果(平成27年12月)では4,798円となりました。加えて自家用車の燃費性能は向上の一途をたどっており、ガソリン代の軽減効果も相まって家計負担は減少しています。

30代のファミリー層には「恵みの雨」に?


都市圏に居住している人にとっては、自家用車移動よりも公共交通機関での移動のほうが、利便性が高くなることもあります。
とは言え、30代のファミリー層の場合、一般的に子どもは幼児期あるいは小学生という家庭が多いと思います。子どもと一緒に買物やレジャーに出かける時には、電車やバスといった公共の交通機関を利用する場合には、周りへの気遣いや配慮に加えて時間も気にしなければいけません。

その点、自家用車の移動であれば、多少車内が騒がしくなろうとも気兼ねなく移動でき、電車やバスの時間も気にする必要はありません。一方で公共交通機関の利便性がそれほど高くない地域にお住まいの方にとっては、移動手段は自家用車に勝るものがないという切実な状況下でのガソリン代の低下は、まさに「恵みの雨」となるでしょう。

食料品や生活用品がジワリと値上がり傾向にある中、ガソリン価格の低下を恵みの雨と捉えるのであれば、家計の補填に当てるも良し、あるいは浮いたお金で家族のためにプチ贅沢をかなえるとか、春の行楽シーズンにチョッピリ遠くへ足を延ばしてみるなどといった楽しみのためにお金を使ってみるのも一考だと思います。

※1 資源エネルギー庁:平成28年2月22日時点・石油製品価格調査(店頭現金小売価格調査レギュラーガソリン)
http://www.enecho.meti.go.jp/statistics/petroleum_and_lpgas/pl007/doc/160224.doc

※2 資源エネルギー庁:石油製品価格調査全国平均(レギュラーガソリン)の推移
http://www.enecho.meti.go.jp/statistics/petroleum_and_lpgas/pl007/xls/160224s4.xls

※3 総務省統計局:家計調査・詳細結果表二人以上世帯
http://www.stat.go.jp/data/kakei/2.htm#new

<執筆者プロフィール>
石村衛(いしむら・まもる)
FP事務所:ライフパートナーオフィス代表ファイナンシャルプランニング1級技能士(CFP)東洋大学卒業。メーカー勤務の後、FP事務所:ライフパートナーオフィスを横浜市戸塚区に開設。地域に根ざしたFP活動を志向し、住宅ローン、不動産・証券投資、保険、貯蓄・など一般家庭のお金にまつわる様々なアドバイスを行っている。 お金に係わる出前授業を小・中・高校で実施。また、高等学校の保護者会などで進学費用や奨学金・教育ローンの講演多数。東京都金融広報委員会 金融広報アドバイザーとして活動中。