ドルトムント戦で退場のホッフェンハイムMFルディに3試合の出場停止処分

写真拡大

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は29日、ホッフェンハイムのドイツ代表MFセバスティアン・ルディに3試合の出場停止処分を下すことを発表した。

▽ルディは28日に行われたブンデスリーガ第23節のドルトムント戦に先発出場。しかし、58分にドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンをファウルで止め、一発退場となっていた。

▽今シーズンのルディはここまでのブンデスリーガで17試合に出場し2得点を記録。3試合の出場停止となれば、アウグスブルク戦、シュツットガルト戦、ヴォルフスブルク戦を欠場することとなり、現在自動降格圏の17位に位置するホッフェンハイムにとっては痛手となる。なお、ホッフェンハイムは24時間以内に異議申し立てを行うことが可能となっている。