ロコモニターの画面イメージ

写真拡大

順天堂大学は2016年2月16日、同大学医学部整形外科講座の石島旨章准教授と学生らのチームが、「ロコモティブシンドローム(運動器症候群、ロコモ)」研究用iPhoneアプリ「ロコモニター」を開発したと発表した。ロコモをテーマとした医学研究用アプリとしては日本初になるという。

ロコモは、骨や筋肉、関節といった運動器の障害により移動機能の低下をきたした状態で、放置していると介護が必要になるリスクが高まる。

ロコモかどうかを確認する方法として、日本整形外科学会が、下肢筋力を調べる「立ち上がりテスト」、歩幅を調べる「2ステップテスト」、身体状態・生活状況を調べる「ロコモ 25」の 3つのテストからなる「ロコモ度テスト」を策定しているものの、自宅などで測定するには、やや複雑なテストとなっていた。

「ロコモニター」は、米アップル社が医療や健康に関する研究用アプリ開発を支援するため、大学や研究機関に無償で公開しているシステム「ResearchKit(リサーチキット)」を利用して開発。

iPhone 内蔵の加速度センサーを利用し、「2ステップテスト」での正確な歩幅の測定が可能になっている。また、約100項目の質問や、そのほかの健康関連アプリのデータを組み合わせ、客観的に評価された現在のロコモ度や運動機能を知ることができるという。アプリに蓄積されたデータは順天堂大学に送られ、臨床研究に活用することを目指している。

「ロコモニター」はiTunesやiPhoneの「App Store」から無料でダウンロードできる。

(Aging Style)