29日、韓国メディアによると、韓国の放送通信審議委員会は、「三・一運動」記念日の3月1日を迎えるに当たり、歴史的事実を歪曲(わいきょく)したり、関連人物をおとしめる内容の情報を集中的に取り締まることを明らかにした。資料写真。

写真拡大

2016年2月29日、韓国・KBSによると、韓国の放送通信審議委員会は、「三・一運動(日本統治時代の朝鮮で起こった日本からの独立運動)」記念日の3月1日を迎えるに当たり、歴史的事実を歪曲(わいきょく)したり、関連人物をおとしめる内容の情報を集中的に取り締まることを明らかにした。

取り締まりの対象となるのは、抗日独立運動や旧日本軍慰安婦などに関する歴史的事実を歪曲する内容や、関連人物をおとしめ、偏見を助長する内容の情報。

同委員会は「『三・一運動』を『暴動』とし、『独立運動家』を『テロリスト』とさげすむ内容の情報に対し、是正措置を求めた事例がある」と明らかにし、「合理的な根拠なく歴史的事実を歪曲する情報は正当化できない」と警告した。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「歴史歪曲を絶対に許してはいけない」
「真っ先に取り締まるべき人は朴大統領では?」

「三・一運動が暴動?日本の立場からすると“暴動”かもしれないが、韓国の立場からすると“独立運動”が正しい」

「だから韓国の親日派議員は『テロ防止法』を成立させたがっているのか!」
「ネットより、歴史を歪曲中の教育部を取り締まってほしい」

「三・一運動を暴動と考える人がいるの?歴史の授業中に寝ていたのか?」
「韓国人からしたら独立運動でも、客観的に見たらテロと同じ」(翻訳・編集/堂本)