トヨタ自動車の米国法人・米国トヨタがシカゴモーターショー16で、ピックアップトラック「タコマ」の“TRDプロ”仕様をワールドプレミアしました。

同車は昨年1月にデビューした3世代目タコマをベースに、TRDが本格的なオフロード走行に備えて足廻りなどをチューニングしたモデル。

車両のワールドプレミアにあわせて過酷なロングドライブの様子を収めた動画を公開しました。

同車はTRD製のフロントスプリングやフォックス製リヤダンパーを装着して車高を25mmアップ、16インチのTRD製ブラックホイールにグッドイヤー製のケブラー強化全天候型タイヤ「ラングラー」を組み合わせるなど、悪路でのバースト対策も万全。

TOYOTA_TACOMA_TRD_Pro

バンパーの両側にLEDフォグランプを装備、車体下部にはアルミニウム製のスキッドプレートを装着。インテリアには傾斜計付き4.2インチのカラーマルチインフォメーションディスプレイを装備しています。

TOYOTA_TACOMA_TRD_Pro TOYOTA_TACOMA_TRD_Pro

「タコマ TRDプロ」は“ダブルキャブ+ショートデッキ”の4WDモデルがベースで、トランスミッションは6速M/Tと6速A/Tから選択可能。

TOYOTA_TACOMA

ちなみに「TRDプロシリーズ」は同モデルの他にも大型ピックアップトラックの「タンドラ」やSUVの「4ランナー」をラインナップしており、オフローダーの注目を集めているようです。

動画を見るにはこちら

プロラリードライバーのライアンミレンが駆る「タコマ TRDプロ」は、アラスカ州中部から北極海沿岸まで666kmの雪上路を走破。

ツンドラ地帯の雪原を貫くコースの外気温は‐35度に達するそうで、地吹雪により視界が奪われることもしばしば発生するといいます。

(Avanti Yasunori)

TOYOTA_TACOMA_TRD_ProTOYOTA_TACOMA_TRD_ProTOYOTA_TACOMA_TRD_ProTOYOTA_TACOMA_TRD_ProTOYOTA_TACOMATOYOTA_TACOMATOYOTA_TACOMATOYOTA_TACOMATOYOTA_TACOMA_TRD_Pro_04TOYOTA_TACOMA_TRD_ProTOYOTA_TACOMATOYOTA_TACOMA

【関連記事】

米国新車販売でトヨタのSUVモデルが人気のワケは?
http://clicccar.com/2015/07/13/317329/

米国の新車販売でトヨタが前年比4.9%増、シェア14.6%に!
http://clicccar.com/2015/04/14/303146/

米国のピックアップ人気復活でトヨタが「タコマ」を刷新!
http://clicccar.com/2015/01/18/289297/

【動画】本格オフロードモデル「タコマ TRDプロ」がアラスカの極寒地を激走!(http://clicccar.com/2016/03/01/357230/)