“最低映画”ラジー賞今年は? 「クリード」スタローンには名誉挽回賞。

写真拡大

最低映画を決めるラジー賞こと第36回ゴールデンラズベリー賞が発表され、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」が最多受賞となってしまった。

アカデミー賞授賞式前日に毎年最低映画発表するラジー賞で、ジェイミー・ドーナンとダコタ・ジョンソンが主演を務めた「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」が最低作品賞、最低男優賞、最低女優賞、最低スクリーンコンボ賞、さらには最低脚本賞という不名誉な賞を次々と獲得した。ちなみに「ファンタスティック・フォー」も最低作品賞を同時に受賞している。

2月28日(日)に行われたアカデミー賞で最優秀男優賞にノミネートされていたエディ・レッドメインは、同賞の受賞を逃した一方で「ジュピター」で最低助演男優賞を受賞している。最低助演女優賞はケイリー・クオコが受賞した。

また、過去にラジー賞に選ばれるも、名俳優として再び輝かしい舞台に復活した俳優に贈られるラジー名誉挽回賞には「クリード チャンプを継ぐ男」のシルヴェスター・スタローンが選ばれている。

☆第36回ゴールデンラズベリー賞 受賞リスト

最低作品賞:『ファンタスティック・フォー』『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
最低女優賞:ダコタ・ジョンソン『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
最低男優賞:ジェイミー・ドーナン『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
ラジー名誉挽回賞:シルヴェスター・スタローン 『クリード チャンプを継ぐ男』
最低助演女優賞:ケイリー・クオコ『アルビン・アンド・ザ・チップマンクス:ザ・ロード・チップ』と『ベストマン -シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間-』
最低助演男優賞:エディ・レッドメイン『ジュピター』
最低スクリーンコンボ賞:ジェイミー・ドーナン&ダコタ・ジョンソン『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
最低監督賞:ジョシュ・トランク監督『ファンタスティック・フォー』
最低脚本賞:『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
最低リメイク、パクリ、続編映画賞:『ファンタスティック・フォー』