東京マラソンで日本人選手が惨敗 「粘り走法」の戦略は時代遅れか

ざっくり言うと

  • 東京マラソンを見た筆者が日本の男子マラソンの戦略は時代遅れと断言した
  • 35kmぐらいまでアフリカ勢についていける能力がないと15位以内も無理と指摘
  • 息切れした選手を粘り強く拾っていく戦略では勝てないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング