29日、韓国メディアによると、1965年に日韓請求権協定が締結された当時、日本の国会は竹島が韓国領であるとの事実を認めていたとする研究結果が発表された。この報道に、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月29日、韓国日報によると、1965年に日韓請求権協定が締結された当時、日本の国会は竹島(韓国名:独島)が韓国領であるとの事実を認めていたとする研究結果が発表された。

韓国の独島学会によると、大邱大学のチェ・チャングン教授は3月3日に開かれる学術大会で、「日韓請求権協定が締結された当時、日本の国会は独島が韓国領であるということを事実上認めていた」との内容が盛り込まれた論文を発表する。チェ教授によると、同協定が締結された後に開かれた日本の国会で、日本の野党議員らは「竹島を諦めたのではないか」と攻撃した。これに対し、佐藤栄作首相(当時)は、「一括解決と言ってきたが、竹島問題は持ち越した」とし、「日本の思うように解決されなかった」と述べたという。

これについて、チェ教授は「『独島問題を懸案として扱わない』という韓国の立場が貫かれたもの」と評し、「日本政府は独島の領有権を諦めたことに他ならない」と主張している。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「やっぱり独島は韓国の領土!」
「この論文を見て、親日韓国政府がどんな反応を示すか楽しみだ」

「面倒くさいことをしていないで、ただ独島に軍隊を送ればいい」
「日本が領有権を諦めたのではなく、もともと韓国の領土だった」

「いくら証拠があっても、政府が黙っていたら意味がない」
「独島問題は単純な韓国の主権問題じゃない。韓国国民にとって独島は命のようなもの。韓国と日本の問題を越え、朝鮮半島と日本の戦いに発展する可能性があるということを肝に銘じてもらいたい」

「日本政府が独島の領有権を諦めた?つまり昔は日本の領土だったということ?」
「残りの任期中に、朴大統領が日本に独島を売ってしまいそうで怖い」(翻訳・編集/堂本)