厳しい船出に…なでしこMF宮間「あと4勝するしかない」

写真拡大

[2.29 リオ五輪女子アジア最終予選 オーストラリア3-1日本 金鳥スタ]

 リオデジャネイロ五輪女子アジア最終予選初戦でオーストラリアに1-3の敗戦を喫し、黒星スタートとなったなでしこジャパン(日本女子代表)。キャプテンのMF宮間あやは試合後、悔しさを滲ませた。

 初戦の難しさは「もちろんあった」としつつも、「自分たちの実力だと思う。まだまだ足りないということです」と話した。「やれることはやっていると思うので、足りないということを自覚して、もっともっと努力したい」。

 6チームが参加する最終予選。上位2チームにしかリオ五輪出場権は与えられない。初戦でつまづいたものの、「終わったことを考えても仕方ない」と次戦へと視線を移す。2日後に行われる第2戦韓国戦に向けて、「あと4勝するしかない。まだチャンスはあると思うので、気を引き締めてもう一度向かっていきたい」と答えた。


●リオ五輪女子アジア最終予選特設ページ