ゼロックススーパーカップでの丹羽大輝のハンドや、J1リーグ開幕戦・柏vs浦和での武藤雄樹のゴール取り消しなど、いきなり微妙な判定が相次いでいます。

僕も現役時代は、判定に頭に来ることがありました。人間がやっていることだからミスがあって当たり前と思っていても、勝ち負けに影響する場面ではついカッとなってしまっていました。

キャプテンだったときは、できる限り冷静に主審と話そうとしていたのですが、今考えると、本当に落ち着いていたかわかりません。

今はレフェリー同士が無線で話し合うコミュニケーションシステムが導入されたり、今年は一部の試合で審判6人制が始まったりと、昔より誤審は減るものだと思います。

それでも、ここまでの微妙な判定を反省して、もっといいポジションで判断を下してくださるよう、レフェリーの方々にはお願いしたいと思います。

ただ、僕はそんな微妙な判定以上に問題点が浮かび上がっていると思っています。

それはレフェリーがファウルを取り過ぎること。もちろん、明らかに悪質なファウル――後方から足首を狙ったスライディングなどには容赦ない判定をお願いしたいと思います。

ですが、日本はボディコンタクトに関して厳しすぎるのではないでしょうか。世界のサッカーを見ていると、多少のぶつかり合いでは反則を取っていません。また、選手もぶつかり合いを普通のことと思ってプレーしています。

ところが、日本ではぶつかると倒れてファウルをもらいたい素振りを見せる選手が多いのではないでしょうか。そしてそれを主審がファウルに取るから、選手のプレーも変わりません。

実は、僕は現役時代にドリブルで仕掛け、ファウルを誘ってFKやPKを得たりすることも得意技の1つでした。そのときは「倒れたらファイルを取ってくれよ」と思っていたのですが、今は考えを改めています。

僕はコンタクトについて、もっと基準を緩くしていいと思います。そうすることで、日本はもっと強くなるでしょう。レフェリーにはぜひ基準の見直しをお願いしたいものです。