パキスタンに「ジブリ風の手描きアニメ」スタジオができるまで

写真拡大

インターネットで楽器を学び、世界的ミュージシャンとしてTEDでも評価されたパキスタン人の25歳。今度は、パキスタン初の手描きアニメーション制作会社を設立し、世界各国のアーティストとネット上で協業している。

パキスタンで育ったウスマン・リアス(1990年生まれの25歳)は、子どものころスタジオジブリの映画を見るのが大好きだった。「ジブリの作品は、日常にある美しさ、そして美しさのなかにある悲劇をわたしに見せてくれました」とリアス氏は語る。

「パキスタンに「ジブリ風の手描きアニメ」スタジオができるまで」の写真・リンク付きの記事はこちら

リアス氏は、いつか『となりのトトロ』のような傑作アニメを生み出すことを夢見た。ただ、ひとつ問題があった。

「パキスタンには手描きアニメーションという産業がないのです」とリアス氏は言う。そこで、「TED」カンファレンスのグローバルフェローでもあるリアス氏は、自分で会社を立ち上げることにした。

リアス氏のアニメーション・スタジオ
「Mano Animation Studios」は、同スタジオ初の作品『Glassworker』で「Kickstarterキャンペーンを見事に成功させた(目標5万ドルのところ、期日まで35日を残した現在6万2,000ドルを達成)。

『Glassworker』は、ガラス細工職人の見習い工と、天才ヴァイオリニストの恋物語であり、「戦争が子どもたちに及ぼす影響を批評」しているとリアス氏は話す。

リアス氏は1年をかけて映画の絵コンテを手描きした。その際、主に使用したのは「iPad Pro」と「Apple Pencil」と手描き専用アプリ「Paper」だ。作品中の音楽も自身で作曲した。リアス氏は、アニメーションを手がける前に、ギタリストとして世界的に成功しているのだ(ギターや音楽全般、動画制作などをYoutube動画やインターネットで自学。2011年に音楽PV『Fire Fly』が世界的に話題になった。文末にTED講演の動画を掲載)。

Mano Animation Studiosのアニメーターは、パキスタンはもちろん、米国、英国、マレーシア、南アフリカなど世界各地にいるアーティストたちで、オンラインでつながっている。彼らは、絵コンテをセル画にして、ワコムのタブレットとアドビの「Photoshop」を使ってすべて手作業で仕上げていった。

「手描きのアニメーションは、美術館に飾られているルネッサンス期の絵画のように、時代を超えます」とリアス氏。「いつも新鮮に見える、特別な何かがそこにはあります」

『Glassworker』はいま、目標金額を調達して、次なるストレッチゴールを目指している。作品は4つのパートに分けて公開され、第1部の公開は2017年春の予定だ。

「スタジオ設立とこの作品で、われわれは、未来のアーティストたちと一緒に、彼らが誇りに思えるような美しい芸術作品づくりの礎を築きたいと思っています。スタジオ設立は、われわれが新しい仕事を支援し、パキスタンの、いや、国境を越えて新世代のアーティストのために新たなチャンスの種を植えることができることを意味しているのです」とリアス氏は語った。

関連記事:スタジオジブリの(コンピューターの)秘密:『思い出のマーニー』の裏側

TAG

AnimationKickstarterPakistanVideoWIRED UK