28日、あるTwitterユーザーによる、セブン-イレブン津田沼店の品揃えにまつわる投稿が、反響を集めている。
ユーザーは、商品棚に数多くの酒類が並んでいる画像を投稿し、「セブンイレブン津田沼店の日本酒の品揃えに狂気を感じる」とコメントを添えた。

千葉県習志野市にあるセブン-イレブン津田沼店は、習志野商工会議所のホームページによると、特に和酒を中心とした酒類に力を入れているそうだ。

ほかにも、「その品揃えは入手困難な各地の銘酒なども多く、地酒屋や専門店と比べても引けを取りません」「頻繁に全国の酒蔵を回ったり、週に一度は地酒の展示会に足を運び、入手困難な多くの種類の銘酒を仕入れています」とのこと。

このツイートは、29日15時の時点で、6600件以上のリツイートと、4100件以上の「いいね」を集め、インターネット上で話題になっている。

【関連記事】
予約客来ず…パスタ屋が料理を無償提供し話題に「タッパー持って引き取りに来て」
Amazonで「ヘルメット」の商品ページに表示される「オススメ商品」に反響
英国留学中の姉を心配する妹の投稿が話題「生きて帰ってくるか心配」