「マッドマックス」が最多の6冠、アカデミー賞美術賞や音響編集賞など。

写真拡大

2月28日(米国時間)、第88回アカデミー賞の授賞式がロサンゼルス・ハリウッドのドルビー・シアターで盛大に催され、10部門にノミネートされていた「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が最多6冠に輝いた。

「マッドマックス」は作品賞こそ逃したものの、美術賞、音響編集賞、録音賞、編集賞、衣装デザイン賞、メイクアップ・ヘアスタイリング賞の6部門で受賞。今年のアカデミー賞で最多受賞となった。

本作は、シリーズ創始者のジョージ・ミラー監督が、トム・ハーディーを主演に迎えたシリーズ最新作。シャーリーズ・セロンが丸刈りになったことでも話題を呼んだ。

日本では昨年6月20日に劇場公開され、10月にDVD化されている。

なお、この授賞式の様子をTwitterで実況中継していたワーナー エンターテイメント ジャパンは、「マッドマックス」の快挙に「きたあああああああああああああ」「おおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉ!!!!!!!!!なんかもうやばいああああああああああああああ」などと大興奮。「惜しくも作品賞受賞は逃しましたが…『マッドマックス 怒りのデス・ロード』輝かしい最多受賞です!!トレンドにも入る程、皆さんの大きな熱があってこそ…本当にありがとうございます!!」と感謝の言葉をツイートしている。