松本人志(c)gettyimages

写真拡大 (全2枚)

 ダウンタウン松本人志が、アイドルグループのメンバーの“卒業”という表現に疑問を示し、「中途退学」だと自身の考えを述べた。

 28日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」では、AKBグループから大量のメンバーが卒業することを話題にした。現時点で10人の卒業が決まっているが、松本は「卒業ってさ、やる事を成し遂げた人が、ある種ライセンスみたいなもんをもらって卒業するという感覚」とした上で、「ようわからん人が辞めていくから、卒業というか中途退学みたいな感じ」と私見を述べた。

 ゲスト出演したHKT48の指原莉乃は、松本の意見に対し「すごく若い頃から入るメンバーが多くて、やってるうちにアイドルの裏方に回りたいって気づくメンバーだったりとか、医療関係の仕事に就きたいって途中で気づいちゃったりとか」と、辞めていくメンバーの“進路変更”について説明。しかし松本は「もともとやる気なかったんかな、仕事なめてんのかなって」と切り捨てた。