28日、中国の掲示板サイトに「9年乗っても全然壊れない日本車」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はニッサンの広告

写真拡大

2016年2月28日、中国の掲示板サイトに「9年乗っても全然壊れない日本車」と題するスレッドが立った。

2007年に日産車を購入し、今でも使用しているというスレ主は、毎日のように街中を走っているものの、この9年間、何の故障や品質問題ゆえの部品交換がなかったと報告。6年目にバッテリーを自主的に交換したことと、何度かのタイヤ交換、過積載して悪路を走行したため痛めたサスペンション以外は交換しておらず、ワイパーすら買った時のままだという。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「仕事に対する態度でその製品の品質が決まる」
「日本車はいいよね。世界中で売れているのは事実だ」
「最初に買ったのが日本車だったけど、日本車は使っていて安心」

「9年もワイパーがもつというのは正直信じられない」
「ワイパーが9年も使えるなんて、ほらを吹くにも限度がある」

「オイル、オイルフィルター、冷却水、ベルト、エアコンガス、ブレーキパッド、タイヤ…これらは定期的に交換すべきものだが。スレ主は本当に車を持っているのか?」

「ボディーが薄いからな。あの世に行くのを恐れない人だけが日本車を買う」
「日本車は低速では歩行者を保護し、高速では車内の人を保護する設計になっているんだよ」(翻訳・編集/山中)